ダイレクトメールを使った広告のメリットとデメリット

ダイレクトメールの主な作業内容は業者からリストを買って発送する方法でしたが、個人情報保護法の施行からこれは禁止となりました。現在の方法は会員を有している会社が会員から事前に承諾を得た上でdmを発送できる広告手法になります。またその会社からのアナウンスという形でもdm発送が出来ます。これは信用のおける会社からの案内ということから依頼元が発送することで信用され、お得な情報として好意的に受け取られるメリットがあります。なお地域や年齢層などを絞り込むことも可能です。会社が有している情報内容によりますが、商品などの購入履歴(購入日や支払い金額、購入回数)、地域などの市町村情報、更には個人の年収や資産、家族構成、年齢、性別などの情報を基にターゲット層を選定することも可能です。

ダイレクトメールの有効的な活用方法は?

ダイレクトメールを発送する際に特定のターゲットや情報がなくてもある程度の情報を基に選別することも出来ます。一例として年齢層を未成年者に絞ってdmを発送するケースでは、過去履歴の情報から購入した服のサイズから現在の子供の年齢を想定することで、他の商品を購入している顧客を絞り込みすることによってdm発送することが可能になります。こうして購入日や購入回数、支払い金額、そして地域や年齢、性別などのあらゆる情報を多元的に利用することが出来るため、ターゲットとしたい顧客をピンポイントにアナウンスできます。このような方法を用いることで、高確率で顧客へ案内をすることが可能になります。また会社によっては競合する利用者をターゲットにしてdm発送することも可能です。そして複数の店を経営しているケースなら、店ごとにターゲットを絞り込んで同時発送も出来るため、間違いのない反応が見込めます。

売り上げに直結するダイレクトメールとは?

ダイレクトメールの流れは何らかの形で付き合いがある会社がお得な情報を案内するかたちになります。dmの封筒もしくはハガキに会社名などの情報が記載されており、広告というよりも何一般的な広告よりも特別かつ有用な情報の案内と思われるケースが多いため、開封される確率が非常に高いのが特徴です。また挨拶状なども同封されていると、よりお得感が増し、会社はもとより、商品やサービスに対する信用に繋がります。また通販企業の購入者に発送するdmの場合では、通販を定期的に購入している利用者は通販のカタログなどから商品を選択して購入するかどうかの有無を決めるのが一般的になります。そのため、dm自体も利用者が欲している商品やサービス内容ならば、この会社からのお得な情報としてアナウンスされれば、高確率で商品やサービスの購入もしくは資料請求などの購入に向けた次のステップに繋がっていくことが期待出来るのです。