ダイレクトメールの活用方法と適した場面

ダイレクトメールとは、主に小売店やクレジットカード会社などが顧客のデータベースから郵便やメール便を利用して、商品やセールの案内、クレジットカードについての重要事項などを記載したものを顧客に知らせる為にとどけることを言います。ダイレクトメールは他にも、お店の売り上げを上げる為にも活用することができます。お客様の印象に残るダイレクトメールにすることが大切ですので、文面やデザインに気を配って作るようにしましょう。文面については長々と文章を書いてしまっては途中で読む気が失せてしまう場合もあるので、アピールしたいポイントを3つ程度に絞って書くことがおすすめです。また、書き出しもお客様の目を惹き付けるのにとても重要なので、よく考えて文章を書くようにしましょう。お客様が困っていたり悩んでいそうなことを最初に持ってくると読んでくれる可能性が高いです。

お客様に読んでもらい為のダイレクトメール作成方法とは

商品やサービス内容を伝えたい場合には、必ずダイレクトメールを受け取ったお客様の立場になって客観的に考えることが大切です。商品を使用した時のメリットを伝えること、また使用することによってどんな希望が叶うかなど魅力的な商品紹介になるよう、簡潔にまとめます。また、いつまでに入会するとお得や期間限定の商品などという特別感が表れるような文章にするとより効果的です。ただ、気を付けなければならないことにはあまりに過剰な表現の文章にしないことが挙げられます。もしそのダイレクトメールを見て、お店に来てくれたお客様がダイレクトメールに書いてあったことと違うというようなことになると、お客様の信頼を失ってしまう可能性もあるので、あくまでも自然な表現でお客様を惹き付けるような文章にすることが大切です。

ダイレクトメールを送る時に気を付けることと

一口にダイレクトメールと言っても、メールの種類はいくつかあります。一般的には、ハガキや封筒のダイレクトメールが多いですが、例えばクレジットカードのような個人的な内容のものだと圧着ハガキという簡単には開けられないようなものにする必要があるでしょう。ダイレクトメールは顧客に情報を提供するのにとても有効な方法ではありますが、作成するのにコストと時間がかかるというデメリットがあります。コストを削減する為にも複数の印刷会社から見積もりを出してもらって、安値で印刷してくれるところを比較検討することが大切です。また、時間がかかってしまうかもしれませんが、可能であれば自社で印刷をした方がコストを抑えることができます。ダイレクトメールは見ないで捨ててしまう方も少なくないので、多くの方の目に止まるようなデザインと文章を考えて作成することも大切です。