ダイレクトメールの得する使い方

ダイレクトメールとは、個人や法人宛に郵便やメール便などを利用して直接送られる、新商品案内や取り扱い商品一覧のことです。DMと端的に省略されるケースも珍しくなく、あらゆる店舗や企業の広告手段の一つでもあります。ダイレクトメールはマーケティング方法のメディアとして、顧客へアプローチするためのプロセスです。近年では、顧客へのアプローチ方法にインターネットマーケティングが登場しはじめ、ダイレクトメールにも幅が広がっています。ダイレクトメールに記す内容は、企画とアイデアを綿密に考えることで売上の向上など成績アップにも直結します。顧客名簿とダイレクトメールの内容を照らし合わせ、それぞれの相手に効果的な公告方法で案内を送ることで損を削減可能です。効果的なダイレクトメールを送ることは、企業の売上を上向きにさせるためには大事な要素になります。

ダイレクトメールを利用するメリット

ダイレクトメールのメリットとしては、カタログや小冊子にして送ることもできるため、より多くの情報を連絡したいときに便利な手法です。そのため新商品案内に向いている公告方法となります。ダイレクトメールオリジナルのクーポンをつけて配送した場合などは、ダイレクトメールの効果を測定することができます。郵便でダイレクトメールを送付する場合は、カラーリングや形状も好きなように送付可能なので、顧客からの反応率を高めたいときにはレイアウトやデザインに凝ったものにしても良いでしょう。また紙に限らず、おまけや商品のサンプルをつけて送ることもできるため反応率が上がります。要は伝える情報を増やすことができ、反応率の計測もできるので、サンプル商品を使ってもらい、その反応をアンケート用紙に手伝えてもらうことで、会社で商品化に向けての検討をした際、統計を取って資料を作成しやすいですし、お客様の反応をダイレクトに感じ取れます。

ダイレクトメールのデメリットと売上が上がるダイレクトメールの始め方

ダイレクトメールのデメリットとしては、発送料にプラスして、新聞折り込みのチラシとは異なるデザイン作成もできるため、コストが全体的に増加しやすい傾向があります。チラシは住所を知らなくてもポスティングできますが、ダイレクトメールは顧客の基本情報を知っていないと送ることが不可能です。そのため、新聞折り込みを出す際と比較しても、事前の情報収集という段階が発生します。要はコストがかかりやすく、あらかじめ名前や住所を把握している必要がある為、そこでの労力が必要となってきます。ダイレクトメールはチラシや新聞折り込みに比べると費用が高くなりがちです。なので、新規顧客を獲得するためにダイレクトメールを出すよりも、リピーターを増やすための活用方法の方が向いているのです。また、費用対効果を高めることができます。ダイレクトメールを始める際は初めに既存顧客や優良顧客のリスト集めから始めましょう。

2000部以上のDMを発送するならDMパックへ。 圧着2ツ折はがき1万部なら印刷、印字、区分、郵便料金込で1通あたり54.4円です。 DM作成でお悩みのご担当者様!まずはお電話下さい。 圧着はがきの印刷~発送までOK。サポートも安心! Dmパックサービスでは印刷・加工から投函まで7~9営業日で完結いたします。 圧着はがき式のダイレクトメールを作成したいならアド印刷で